飲食店で起業するには|会社設立の費用がコチラ|定額で夢を叶えられる

会社設立の費用がコチラ|定額で夢を叶えられる

飲食店で起業するには

バリスタ

店舗出さずブランドを出す

昔は脱サラして、カフェでも経営したいという話は夢物語の代表でしたが、最近はそうでもなくなってきました。カフェで開業するにも土地や店舗の為の資金、客を呼ぶ為の広告費、店の内装などにこだわれば概ね数千万は必要です。現実的はないので、カフェ開業に乗り出す人はほとんどいませんでした。しかし現在はSOHOなどの延長で、自宅の一室をを会社にしたり店舗にしたりして、ビジネスを展開する人も増えています。小資金でカフェも開業できる時代になってきているのです。土地や店舗は自宅を使えば資金ゼロ、客を呼ぶ為の広告はSNSを活用してなるべく費用がかからないようにします。そうすれば、コーヒーメーカーなどの必要最小限の道具だけで、「自宅カフェ」が開業できるのです。

自宅を使うことのメリット

では「自宅カフェ」が通常の喫茶店よりも優れている点を挙げてみます。まず土地や店舗に費用がかからないので、仮にお客さんが1人も来なくても経費はゼロです。また無料のSNSを使って宣伝するのであれば、これも費用はゼロ。必要な道具代だけで開業できますので、もし失敗して閉店するにしても大きな痛手にはならないのです。これが実店舗であれば、お客さんが来なくても土地や店舗代はかかりますし、アルバイトなどを雇っていれば給料も必要です。規模は大きくできませんが、とりあえず始めてみるのであれば、自宅カフェが良いのではないでしょうか。ただ自宅でカフェを開業する以上は、生活感が出ないようにしお客さんに自宅っぽさを感じさせない工夫が必要です。