会社設立の費用がコチラ|定額で夢を叶えられる

宅配ビジネスに参入する

トラック

人口構成など社会環境の変化に伴って、外食産業は縮小し宅配サービスの需要が増加しています。新規参入するとき宅配ビジネスのノウハウを学び、新規顧客を開拓して高収益を上げるために、宅配コンサルタントが活用できます。

もっと見る

飲食店で起業するには

バリスタ

インターネットの普及で個人ビジネスが簡単にできる時代になりました。今まで自営業と言えば店舗を構える資金や広告を打つ費用が莫大に必要でしたが、ネットを活用すれば小規模のカフェ開業であれば、手軽に始めることができます。経営者になる「勇気」があれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もっと見る

店舗運営の強い味方

男女

POSの強みは、お店の売り上げを増やすことができる様々なデータを活用できることです。売れ筋の商品は在庫が切れないように仕入れを工夫できます。さらにエリアごとに異なる客層に向けた商品のラインナップにすることが可能となります。

もっと見る

支援者を探そう

お金

資金援助の会社を探す

会社設立を考えている人は、まず、費用の工面をする必要があります。いくら小さな会社であっても、資本金というものが必要だからです。通常、銀行から融資を受けることになります。しかし、これまでの実績やコネがない人にとっては、なかなか思うように融資を受けられないものです。そこで、お勧めなのが、独立支援をしてくれる会社を活用することです。最近は、会社設立を支援してくれる会社が増えてきています。インターネットを使って探してみましょう。もちろん、資金援助をしてくれるところもあれば、経営に関するアドバイザーとして支援してくれるところもあります。この点の区別をつけることも大切です。また、支援してもらうからには、どのくらいの費用が最低限、必要なのか、この点も試算しておきましょう。

信頼できるかどうか

会社設立をするにあたって、協力者を得る必要があります。その方が費用面の援助や相談もできやすいからです。もちろん、協力してもらうからには信頼できる人ではないと困ります。個人的に頼むのではなく、法人として頼んだ方が有効的です。法人の方が、ある程度、まとまった資金を融通してくれることがあるからです。手っ取り早い方法としては、会社設立の支援している会社に依頼しましょう。その方が、費用を肩代わりしてくれることもあるからです。信頼できるかどうかは、これまでの会社の実績や評判などから判断しましょう。知らない会社だった場合、インターネットで口コミ情報などを検索してみると、ある程度のことは分かります。実際に会って話してみた時の印象も大切です。